さくら記念病院

タップで電話

お問い合わせ

看護部看護部

部長挨拶

金堂 伊佐子(かなどう いさこ)

緑豊かな田園と住宅地が調和する富士見市南東地区この地で、さくら記念病院は、透析医療への対応をはじめとした急性期医療から、在宅医療・リハビリテーションまで地域に密着した医療を提供している病院です。高齢化の進む現代において、当院の役割のひとつは、地域の皆様に、生まれ育ったこの地で、その方の生活にあった医療・看護を必要に応じて安全に提供することです。

当院の建物は老朽化によるハード面での限界がありますが、ソフト面においては、看護スタッフひとりひとりの笑顔で、当院を訪れた方々の心まで癒すことができるよう信頼のある看護をモットーとして実践しています。そして、看護スタッフの役割は各分野において専門職にふさわしい確かな知識と技術、高い倫理観をもって、ベッドサイドに寄り添い取り組んでいくことが大切だと考えます。

病院理念である『慈悲の心をもって医療の実践をはかり、人々に快をもたらす』、これを基に看護職員一人ひとりが、患者様・ご家族との出会いを大切に、「かけがえのない大事な人」として真摯に向き合うことが私たちの使命でもあります。また、『病の中にあっても、この病院、この看護師に出会えてよかった』と思っていただける看護実践が提供できるように、病んでいる患者様の気持ちを考える看護、『心』で接する看護を実践する―それがさくら記念病院の看護の姿であると思っています。

人は他人との繋がりの中で学び、成長しています。一人ひとりの優しさが患者様にも伝わり、その努力が患者様の満足に繋がり、いつの時も自分らしい看護ができる、そんな組織づくりを目指していきたいと思っています。皆様のお力添えを頂きながら、 地域の皆様に親しまれ、信頼していただけるような看護部の運営に努めて行きたいと思っております。

モジュール型の継続受け持ち看護方式を採用

当院では各チーム内で看護師と患者様が1対1で向き合い、患者様の入院から退院までの継続した看護に責任を持ち、その受け持ち看護師をチーム全体がバックアップします。この看護方式では、 チーム力を活かしてお互いをフォローし合いながら、患者様に必要な看護を提供し、リーダーのもとに看護師、看護助手などがチーム体制を組んで患者様のグループを受け持ちます。

さらにリーダーを中心に毎日カンファレンスを行い、看護計画を実施し評価を行うことも怠りません。患者様が安心できるような体制を維持しつつ、全人的な看護をすることが大きな目的です。

関連施設関連施設

  • 北朝霞駅前クリニック

    北朝霞駅前クリニック

    048-486-6333048-486-6333

    〒351-0034
    埼玉県朝霞市西原1-3-31
    タウン・ピア西原2F

  • 北浦和腎クリニック

    北浦和腎クリニック

    048-835-3100048-835-3100

    〒338-0013
    埼玉県さいたま市
    中央区新中里1-1-1

  • 鶴瀬腎クリニック

    鶴瀬腎クリニック

    049-293-5711049-293-5711

    〒354-0021
    埼玉県富士見市
    鶴馬3523-1