さくら記念病院

タップで電話

お問い合わせ

血液透析血液透析

血液透析とは??

腎臓の機能が低下してしまうと、今まで尿として排泄出来ていた老廃物・代謝産物が体内に溜まってしまうことで様々な症状が出てきます。これを尿毒症状といい、 主に吐き気や嘔吐、頭痛、倦怠感、食欲不振などがあげられます。また水分が身体に溜まることで血圧が高くなったり、むくみや貧血の原因になります。

これらを改善させるためには、原因となる物質や水分除去または、電解質など身体に必要な電解質などの補正が必要となってきます。この方法を血液透析療法といいます。

血液透析の特徴

  • 通常は週3回程度、医療機関へ通って行います。一回の治療時間は4時間程度です。
  • 血液を効率よく透析膜に送り込むため、動脈と静脈をつなぎ合わせてたくさんの血液量が確保できる血管(内シャント)を造る手術を行います。
  • 二本の針を血管内に刺し、血液を体外に取り出し、余分な水分や老廃物を除去したあと、きれいになった血液を再び体内に戻します。
  • 本来一日働いている腎臓の代わりに、数時間で血液をきれいにするので、個人差はありますが、残っている腎臓の機能は低下しやすく、尿が出なくなる期間が早まると言われています。

血液透析のしくみ

血液透析専用の機械や回路、透析膜を使用して、血液ポンプで循環させながら透析膜に通過させることで、血液中の不要な老廃物や水分を除去していきます。透析膜を通過した血液は再び体内に戻されます。


血液透析の原理①

血液透析の物質の移動は、血液中と透析液中の濃度の違いを利用して行います。 透析膜を介して、身体に必要なものは透析液の濃度を高く、逆に身体に不要なものは透析液の濃度を低く設定します。


血液透析の原理②

血液透析の水の移動は、専用装置で機械的に陰圧をかけ透析膜を介して、 血液中の余分な水分を除去します。

On-Line HDFについて

人工膜を用いた腎不全のための血液浄化療法には、血液透析(HD)、血液濾過(HF)、血液透析濾過(HDF)の3つがあり、HDFはHDがもつ小分子物質に対する高い除去効率と、HFがもつ中分子物質に対する高い除去効率を合わせもった、もっとも高効率の治療が期待できる療法です。 腎不全の治療は、種々の合併症の治療や予防の観点から多様化し、除去効率に優れたHDFに期待が高まっています。

ON-line HDFとは?

On-Line HDF療法は清浄化された透析液を補充液として用いる治療法であり、大量の透析液が直接体内に注入されるため、清浄化透析液の維持および管理が重要です。当院は透析液の清浄度をシステムバリデーションにより管理しているため、安心してOn-Line HDF療法を受けることができます。

ON-line HDFの効果

一般に、膜分離において、濾過は拡散よりも相対的に大分子物質の除去に優れており、透水能の優れたタンパク透過型膜の選択と大量濾過により、On-Line HDFの大分子クリアランスはHDより倍増が期待できます。そのため、かゆみ、イライラ、レストレッグ症候群、ESA抵抗性貧血などの改善効果が期待されます。


ON-line HDFの副作用

効率の良い治療法に伴い、不均衡症状が現れたり、大分子物質の除去や過大な濾過と共にアルブミンが損失し、血清アルブミン値の低下を招く恐れもあります。
On-Line HDFを安心して受けて頂くために、我々スタッフ一同透析液清浄化に力をいれ、コンソールやETRFの管理を徹底する事を心掛けております。


様々な血液浄化療法

HD(血液透析)について

最も標準的な方法になります。
下記が主な働きになります。
・拡散による老廃物の除去
・限外濾過による余分な体内水分の除去
・電解質の調節
・血液のPHを改善し弱アルカリ性に保つ

HDF(血液濾過透析)について

血液透析(HD)に血液濾過(HF)を併用していくことで、互いの長所を活かしながら、幅広く物質の除去が可能となります。 補液を行いながら治療するのでHDに比べ循環動態が安定して行えます。

ECUM(除水)について

透析膜に限外濾過圧をかけて除水だけを行う治療法なので、透析液や置換液は使用しません。 溶質の除去が目的ではないため、 血漿の浸透圧の低下が少なくHDに比べ循環動態が良好です。

関連施設関連施設

  • 北朝霞駅前クリニック

    北朝霞駅前クリニック

    048-486-6333048-486-6333

    〒351-0034
    埼玉県朝霞市西原1-3-31
    タウン・ピア西原2F

  • 北浦和腎クリニック

    北浦和腎クリニック

    048-835-3100048-835-3100

    〒338-0013
    埼玉県さいたま市
    中央区新中里1-1-1

  • 鶴瀬腎クリニック

    鶴瀬腎クリニック

    049-293-5711049-293-5711

    〒354-0021
    埼玉県富士見市
    鶴馬3523-1