さくら記念病院

タップで電話

お問い合わせ

腎不全外来腎不全外来

腎不全外来について

慢性腎臓病が進行すると、失った腎臓の機能を元に戻すことは残念ながらできません。当院では、慢性腎臓病に対し、腎臓専門医が検査、診断、治療を一貫して行っています。血液検査、尿検査、CT、超音波検査、必要な場合は腎生検を行い、食事療法や薬物療法で腎臓の働きを守っていくことが治療の基本となります。

また、当院では血液透析のほか、腹膜透析、在宅透析など、さまざまな種類から患者様自身に最適な透析を選ぶことができます。

3部透析(スリークール)を採用しております

当院では患者様が透析に合わせた生活を送るのではなく、ライフスタイルに合わせた透析を提供するべく、「午前・午後・深夜」と、それぞれ時間帯の異なる3部透析(スリークール)を採用しております。

3部透析(スリークール)

当院では「元気で過ごせる透析療法」を目指しています

透析患者様のシャントトラブルに対して、シャント造設術に加えて経皮的血管拡張術(PTA)を行えます。また、透析中の運動療法やフットケアも積極的に行っています。必要に応じて、靴作成のサポートを行い、足の健康を守るお手伝いもしています。

元気で過ごせる透析療法

一人一人の最適な透析処方
  • 1. 透析量の正確な把握(継続的な排液採取)
  • 2. 透析前後の体液量管理
  • 3. 透析液の清浄化
  • 4. 栄養評価
  • 5. 透析低血圧をなくす工夫

※患者様に合った合成高分子膜の使用や透析法の選択など、全身状態の管理をすることが大事です!!


当院における透析療法

元気で過ごせる透析療法

深夜透析のご案内

日中の時間を有効に活用したい透析患者様へ

透析治療は一回あたり4時間前後の時間を要します。これは生命を維持するうえで必ず確保しなければならない時間です。しかし、一家の生計を支える方にとって、また、家計を預かり日中はお子さまのお世話をしなければならない方々にとって、この4時間という日中の制約は仕事や家事を継続するうえで大きなハンデとなります。

こうした方々の力になるため、当院では夜から始める3部透析(深夜透析)を導入しました。日中は仕事や家事などに時間を自由に使いたいけど透析があるから…とお悩みの方はぜひ当院までご相談ください。


深夜透析について
実施曜日 月、水、金
透析入室時間 19時~

※入室時間は目安です。長時間透析をご希望の方や、仕事が終わってから透析を希望される方はご相談ください。

深夜透析Q&A

日中と深夜の透析で、透析の効果に違いはありませんか?

深夜透析は開始時間が遅いというだけで、透析時間は日中に行う透析と同様4時間です。透析の効果に違いはありません。


終業時刻が18時を過ぎてしまいます。仕事が終わってから透析を受けることはできますか?

当院では社会復帰を目指す患者様をサポートするため、深夜透析の開始時間を、できる限り患者様の希望に沿って決めています。ぜひ一度ご相談ください。


さくら記念病院ではどのような透析ができますか?

当院では、病院に通院して行う血液透析(HD)、通院せずに患者様のご自宅で行う在宅血液透析(HHD)、自宅や職場などで行う腹膜透析(PD)を行っており、患者様一人ひとりの腎機能や生活に合わせて選択して頂けます。
また、療養のため長期入院が必要な患者様を対象とした入院透析にも対応しております。

関連施設関連施設

  • 北朝霞駅前クリニック

    北朝霞駅前クリニック

    048-486-6333048-486-6333

    〒351-0034
    埼玉県朝霞市西原1-3-31
    タウン・ピア西原2F

  • 北浦和腎クリニック

    北浦和腎クリニック

    048-835-3100048-835-3100

    〒338-0013
    埼玉県さいたま市
    中央区新中里1-1-1

  • 鶴瀬腎クリニック

    鶴瀬腎クリニック

    049-293-5711049-293-5711

    〒354-0021
    埼玉県富士見市
    鶴馬3523-1